• その他
    矢田真一郎のFairness Refundingは詐欺濃厚なとんでもない案件だった!
    2019年6月24日
  • その他
    ジェームス秋山のProject WAVE(プロジェクトウェーブ)で毎月50万円が貰える権利とは?詐欺案件なのか検証します
    2019年2月18日
  • 仮想通貨
    中川大輔のInitial Talent Offerring(イニシャルタレントオファーリング)のセールスレターの約束が守られていない。
    2019年3月6日
  • その他
    株式会社ファーストラインの清正の井戸は詐欺なので稼げるわけがない
    2019年10月3日
  • その他
    中本明宣のFREEDOM PROJECT(フリーダムプロジェクト)は詐欺なの?
    2019年9月27日
  • その他
    Liberty(リバティ)|北岡広樹のオフラインコミュニティは詐欺かも?
    2019年11月15日
  • 仮想通貨
    森本義之のDNA-Crypto(ディーエヌエークリプト)は危険。運営会社は明記された約束を直ぐに破ったあの会社。
    2019年1月29日
  • 仮想通貨
    尾張勝美(おわりかつみ)のアースプロジェクトは信用を錯覚させる詐欺案件
    2019年10月20日
  • その他
    早乙女葉子のHYPER 8はまず日給8万円稼げない詐欺案件?
    2019年11月14日

白石寛孝のFXの教科書とは?

大反響、7刷決定、いちばんやさしいFXの教科書が、通常2980円のところ、完全無料でプレゼントしてくれるというものです。収入に関係なく資産を築くためのFXの入門書との事で、FXの専門家が教えてくれたとあります。

 

ただ見るからに不思議な店が目立ちます。

 

一番大切なはずのタイトルが、本の表紙画像と、セールスレターの内容が違います。

 

表紙のイメージ画像では「NEW 今までで一番やさしいFXの教科書」というタイトルですが

表紙のイメージ画像""

 

セールスレターの文字では「いちばんやさしいFXの教科書」となっています。

セールスレターのタイトルの画像""

 

アマゾンで「一番やさしいFXの教科書」という本が実際に売られており、高評価となっていまいたが、全くの別物でした。

一番やさしいFXの教科書の画像""

 

さらに大反響で7刷が決定していて、評価である星の数も4.9となっていますが、ネットで調べても空らしき本は出てきませんので、一切反響を感じられません。

星の数の画像""
はるかのLINE友達登録の画像

結論

本の内容が0円!

 

と言えます。メールアドレス登録後のバックエンドへの誘導にも注意です。

はるかのLINE友達登録の画像

理由

白石寛孝のFXの教科書の実態

FXの専門家から教わったという事を1000日間(約2年9ヶ月)もの期間を費やして完成させたレポートを無料でプレゼントするには理由が2つあるそうです。

 

1つ目は平成29年に金融庁が発表した日本人の金融資産が減っているという事を問題視し、投資教育をする為だそうです。

金融資産が減るイメージ画像""

 

2つ目は、現在の子どもたちの将来を危惧し、資産を増やせる投資教育が必要だと判断したので、無料プレゼントとしたそうです。

子どもたちのイメージ画像""

無料配布が、吉と出るか凶と出るかはわからないとの事で、通常販売した方が効果が出ると判断したらこのプレゼント企画は打ち切ると書いてあります。

 

そして「メールアドレスを他社に提供する、変な事に使う・・・という事はありませんので安心してください。」との記載が余計に怪しさを引き立てています。

 

その後にこのFXの教科書の目次らしき紹介があるのですが、イメージ画像が無料素材で有名な「いらすとや」を仕様しているところです。

教科書の目次の前半イメージ画像""
教科書の目次の後半イメージ画像""

2年9ヶ月もかけて作った教科書なのに。明らかに違和感を感じます。

 

そしてセールスレターの最後には無料セミナーを行っているというイメージ画像がありました。

セミナー風景画像""

これは高額バックエンドへの誘導フローが頭をよぎります。

特定商取引法に基づく表記の有無

表記してありました。こちらになります。

 

特商法表記の画像""

会社名、責任者名、電話番号が記載してあるので、ほぼ情報がないセールスレターの特定商取引法に基づく表記よりは信頼できそうですが…

 

会社名の住所を調べるとこちらの建物が出てきました。

住所の建物の画像""

東中野のアパートのようです。

 

特定商取引法に基づく表記について知りたい方は下記リンクに詳しく記載してますので、お時間の有る方はお読みください。

 

特定商取引法って何?特商法が対象になるビジネスやその歴史
2019-01-25 17:52
情報商材もそうですがインターネットの販売ページには必ず「特定商取引法に基づく表記」というページが用意されています。これは法律によって義務付けられています。 特定商取引に関する法律(...

白石寛孝はどんな人物?

白石寛孝氏を検索してみると、情報商材の詐欺を疑うようなサイトが上位に現れました。

もうこの時点で今回のFXの教科書を貰う価値はないかもしれません。

運営会社の実態は?

SOL株式会社で調べてみましたが、白石寛孝氏が関わっている会社は出てきませんでした。

バックエンドの有無

ここまで調べただけで、既にメールアドレスを集めて無料セミナーに誘い込み、高額バックエンドへと繋げる流れが予測されます。

 

非常に危険なので関わらない方が賢明です。

 

バックエンドについて知りたい方は、下記リンクに詳しく記載していますので、お時間の有る方はお読みくださいませ。

 

バックエンドって何?本来はただのビジネス用語なのですが…
2019-01-25 17:56
情報商材でよく見られるバックエンドですが、どういう意味なのでしょうか。プログラムや技術関係でもバックエンドという言葉を使いますが、ソレとはまた違う意味を持ちます。 マーケティングに...
はるかのLINE友達登録の画像

まとめ

ここまで調べてきて、メールアドレスを追加する迄もないと思いますが、今後もしも詐欺被害が出てしまうようではいけませんので、今回無料の「FXの教科書」が実際どんなものなのかを登録して検証します。

 

分かり次第こちらの記事で更新いたしますのでお待ち下さい。

 

ただ、それを待たずしても関わらない方が無難である事は明確です。

 

以上の事から、FXの教科書を無料プレゼントするSOL株式会社の運営責任者、白石寛孝氏の目的は高額バックエンドへの誘導と判断しました。

 

お読み頂きありがとうございました。

稼げる副業が見つからない方へ

調べていると本当に詐欺のような案件が多い事がわかりました。

しかしながら、本当に普通に出来るネットビジネスや副業だって存在しています。

稼げるものか、稼げないものか、やってみないとわからないものです。

少しでも遠回りを避ける為に、私を頼ってください。

それによって詐欺のような被害に合う人が、少しでも減ったらと考えています。

とにかく、何かしらの不安を抱えていたり、心配だから調べて欲しいという案件があればお気軽にご連絡ください。

はるかのLINE友達登録の画像

あれから色々な商材を研究して、今は月収150万円を超えるほどになりました(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

ここまで来るまでにかなり苦労もしましたが、今は親孝行もできて自由な生活を楽しんでいます!

今後は私がしてきた苦労をしないように稼げるような情報を発信出来たらと考えています。

私も始めている、1番収益性の高い簡単な副業をご紹介します。

こちらはFXで使う自動売買のツールなのですけれど、30万円投資してから1ヶ月で10万円ほどの利益が出ました。

初期費用や追加料金は一切かかりません。お仕事の最中でも、就寝中でも自動で稼働してくれるツールなので、非常に助かっています。

最短30分程度で稼働させられますので、すごく簡単です。

はるかのLINE友達登録の画像

また、最近のお悩み相談で、借金に関する問い合わせも目立ちます。

場合によっては借金を減額する事ができます。心当たりのある方は下記の無料シミュレーターから、借金の減額が出来るかどうかお試しください。

無料なので、安心して減額可能かどうかを知れます。

借金減額シミュレーターのバナー画像

一人きりでは悩まずに助け合っていける形を作れたら素晴らしい事かと思います。

下記のリンクからせつ子のLINEのQRコードが読み取れますので、そちらから登録をお願い致します。

どんな事でも、お気軽にご相談くださいませ。

はるかのLINE友達登録の画像
関連キーワード
FXの関連記事
  • 今泉紗英のBirudiとVayageについて。詐欺なバイナリー&FXツールに注意?
  • クロスリテイリング株式会社の再現率100%のFX革命理論は詐欺なのか検証!
  • 樋山真一|おまかせFXプロジェクトの評判は?詐欺で稼げない?
  • Monolith(モノリス)|坂田弘樹のFX無料オファーは稼げない?詐欺か検証
  • 中本大吾の手掛けるFX完全自動トレーディングシステムFats(ファッツ)は詐欺?
  • 安倍剛(あべつよし)の金の卵|MILLIONAIRE ROADは稼げない詐欺アプリ?
おすすめの記事