• 仮想通貨
    藤田守のAgain(アゲイン)は長いセールスレターの割にツールに関する情報が少なく目的はLINE登録の可能性。
    2019年4月18日
  • その他
    杉山直人のResistance(レジスタンス)でタップするだけで利益が確定するとは思えない理由がこちらです!
    2019年2月4日
  • その他
    MARVEL(マーベル)という芹沢真斗さんの無料オファーは詐欺の可能性大
    2019年10月25日
  • FX
    安藤誠のTHE ROYAL(ザ ロイヤル)で毎月125万円と言うのはFX?音楽プロデューサーの実績は一切ヒットせず。
    2019年2月19日
  • その他
    鈴村愛香のSAKURAウォレットは稼げるのか詐欺なのか?
    2019年10月30日
  • 仮想通貨
    森本義之のDNA-Crypto(ディーエヌエークリプト)は危険。運営会社は明記された約束を直ぐに破ったあの会社。
    2019年1月29日
  • 転売・せどり
    フロンティアスピリットは詐欺案件?神岡進也(かみおかしんや)のプロフィールは?
    2019年10月2日
  • バイナリー
    藤田守さんが手掛けるHigh-Low Matic|AXEL(アクセル)は焼きまわし詐欺ツール!?
    2019年11月1日
  • 仮想通貨
    中川大輔のInitial Talent Offerring(イニシャルタレントオファーリング)のセールスレターの約束が守られていない。
    2019年3月6日

Bit Slugger(ビットスラッガー)とは?

こんにちは。

いよいよ暑さも一段落してきて若干涼しくなってきましたね。

 

さて今回はBit Slugger(ビットスラッガー)という投資案件を徹底的に検証します。
案件の内容はBitcoinの自動売買をするソフトみたいです。Bitcoinはかなりのボラティリティがあり、
そのボラが続く限りは延々と稼げます!と謳っているもようです。

 

確かにその理屈は分かりますが、検証をしてみないからには本当に稼げるのか分かりません。
システムの設定はわずか23秒。ボタン一つで1200%の利益を手に入れられるという強烈なワードは
果たして本当なのか、はたまた詐欺なのでしょうか。

 

1画像
はるかのLINE友達登録の画像

結論

Bit Slugger(ビットスラッガー)は詐欺の危険性有り!

と言えます。注意しましょう。この結論に至った理由を記しますので、お時間のある方はお読みください。

はるかのLINE友達登録の画像

理由

この手の自動売買ツールで詐欺の危険性があるパターンは大体決まっています。
というのも、特定商取引法に基づく表記を見て頂ければ簡単に分かります。

 

また今回の開発者とされる井上鉄哉さんも怪しい点があります。

直近の実績の画像エビデンスがあります。

エビデンス画像

画像は海外のBITMEXの画像になるとは思いますが、このような画像なんてすぐに加工可能です。
信用できるものではありません。

特定商取引法に基づく表記の有無

2画像

表記の中に電話番号が見当たりません。本当にお決まりのパターンというか、多くの詐欺案件は問い合わせ先情報が足りていません。
まず自動売買のようなツールを販売するなら、間違いなく電話番号の問い合わせ先は必要不可欠だと思います。

 

メールアドレスはあるのですがいつ返信が来るのかも分かりません。サポートに問い合わせても全く返答がないことも考えられます。
それもそのはず、元々連絡が取りづらい状況に持っていくのが詐欺師の常套手段になります。

 

また商品に関する注意書きの文言も、商品に示された表現や再現性には個人差があること、必ずしも利益や効果を保証したものではないこと。

を表記しています。これはかなり稼げる案件ではありますが、万が一思うように稼げなかった場合でも責任は取れませんよ?
という意味合いです。

 

特定商取引法に基づく表記について知りたい方は下記リンクに詳しく記載してますので、お時間の有る方はお読みください。

特定商取引法って何?特商法が対象になるビジネスやその歴史
2019-01-25 17:52
情報商材もそうですがインターネットの販売ページには必ず「特定商取引法に基づく表記」というページが用意されています。これは法律によって義務付けられています。 特定商取引に関する法律(...

運営会社の実態は?

3画像

 

運営会社はカショー株式会社という名前ですが検索しても会社ホームページは出てこないですね。

どのような会社なのかは全くの不明です。やはりホームページが無い会社ほど信用できないものは無いですね。

井上鉄哉(いのうえてつや)はどんな人物?

4画像

 

今回のBit Sluggerの開発者である井上鉄哉(いのうえてつや)さんです。元プロゲーマーらしいです。
一時期仮想通貨、とりわけビットコインFXで大きな利益を出している人という事でインフルエンサーにまでなった人です。

 

当時私もこの方をフォローしていました。
しかし途中から何やら怪しい会社の代表取締役になったり、突然別アカウントに転生したりしていました。

 

その時から怪しいな。とは思っていたのですが、それから数ヶ月たった現在、まさか怪しい商材屋になるとは思ってもいませんでした。

詳しい経緯は分かりませんが、非常に残念です。

バックエンドの有無

このように大々的に商品の宣伝をしているからには、どこかで広告代の回収、または莫大な利益を得る為に高額商品を売ってくる
可能性は大いにあります。そもそも特定商取引法に基づく表記に電話番号が無い場合、高額案件以外あり得ないと思っています。

 

バックエンドについて知りたい方は、下記リンクに詳しく記載していますので、お時間の有る方はお読みくださいませ。

バックエンドって何?本来はただのビジネス用語なのですが…
2019-01-25 17:56
情報商材でよく見られるバックエンドですが、どういう意味なのでしょうか。プログラムや技術関係でもバックエンドという言葉を使いますが、ソレとはまた違う意味を持ちます。 マーケティングに...
はるかのLINE友達登録の画像

まとめ

本日は仮想通貨、Bitcoinの自動売買ツールであるBit Slugger(ビットスラッガー)について調査してみました。

1200%の利益を得られるという当ツールですが、サポートに電話番号が無い、更には販売会社・開発者が怪しい点で
詐欺の危険性有りと判断しました。これから始めようとしている方はお気をつけください。

稼げる副業が見つからない方へ

調べていると本当に詐欺のような案件が多い事がわかりました。

しかしながら、本当に普通に出来るネットビジネスや副業だって存在しています。

稼げるものか、稼げないものか、やってみないとわからないものです。

少しでも遠回りを避ける為に、私を頼ってください。

それによって詐欺のような被害に合う人が、少しでも減ったらと考えています。

とにかく、何かしらの不安を抱えていたり、心配だから調べて欲しいという案件があればお気軽にご連絡ください。

はるかのLINE友達登録の画像

あれから色々な商材を研究して、今は月収150万円を超えるほどになりました(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

ここまで来るまでにかなり苦労もしましたが、今は親孝行もできて自由な生活を楽しんでいます!

今後は私がしてきた苦労をしないように稼げるような情報を発信出来たらと考えています。

私も始めている、1番収益性の高い簡単な副業をご紹介します。

こちらはFXで使う自動売買のツールなのですけれど、30万円投資してから1ヶ月で10万円ほどの利益が出ました。

初期費用や追加料金は一切かかりません。お仕事の最中でも、就寝中でも自動で稼働してくれるツールなので、非常に助かっています。

最短30分程度で稼働させられますので、すごく簡単です。

はるかのLINE友達登録の画像

また、最近のお悩み相談で、借金に関する問い合わせも目立ちます。

場合によっては借金を減額する事ができます。心当たりのある方は下記の無料シミュレーターから、借金の減額が出来るかどうかお試しください。

無料なので、安心して減額可能かどうかを知れます。

借金減額シミュレーターのバナー画像

一人きりでは悩まずに助け合っていける形を作れたら素晴らしい事かと思います。

下記のリンクからせつ子のLINEのQRコードが読み取れますので、そちらから登録をお願い致します。

どんな事でも、お気軽にご相談くださいませ。

はるかのLINE友達登録の画像
関連キーワード
仮想通貨の関連記事
  • 尾張勝美(おわりかつみ)のアースプロジェクトは信用を錯覚させる詐欺案件
  • 西郷晴輝のBTC総額1億円分配キャンペーンが詐欺なのか調査してみた
  • 資産50倍計画計画 坂本よしたかがまた詐欺案件を出したようなので注意すべき!
  • 井上鉄哉の開発したBit Slugger(ビットスラッガー)は詐欺で稼げない?
  • ビットコイン増殖ウォレットは稼げない詐欺案件?佐藤武はどんな人?
  • 苫米地英人の仮想通貨の新ルールは安全?詐欺の可能性を考えてみた
おすすめの記事