仮想通貨の新ルールとは?

もう2度と画像

 

ビットコインの暴騰を受け、最近また盛り上がりを見せている仮想通貨。

 

最近は暗号通貨と呼ばれることも多いですね。そんな暗号通貨を利用し、関連する最新情報や正しい知識を身につけ、更には資産構築を目指すというオンラインのプログラムが、今回の仮想通貨の新ルールのようです。

 

2018年はバブル崩壊後の下落相場になってしまいましたが、2019年になって息を吹き返したように急激に価格高騰を続けています。

 

直近のニュースではAmazonが間接的に暗号通貨での決済が可能になりました。またFacebookが独自の暗号通貨「Libra」を発表しました。

 

こちらは暫くたちますが、ICOに代わる資金調達方法のSTOが台頭してきています。着実に技術的な進歩が伺えます。そうして人々が過ごしやすい、便利な世の中になってくれれば良いですね。

 

またその過程で新たなビジネスチャンスも生まれてくると思います。今回の案件は一体どんなものなのでしょうか。また詐欺案件ではないのでしょうか?じっくりと検証していきましょう。

 

amazon画像

 

リブラ画像

 

sto画像

はるかのLINE友達登録の画像

結論

仮想通貨の新ルールは怪しい点が多いので詐欺に注意!

と言えます。注意しましょう。この結論に至った理由を記しますので、お時間のある方はお読みください。

はるかのLINE友達登録の画像

理由

まずなぜ注意する必要があるのか簡潔に説明しますと、特商法の表記がありません。これでは万が一有料商材などを販売する際、または無料でも使用説明などをする際にも問い合わせができません。

 

まだどのようなビジネスモデルなのかは分かりません。ですが仕掛け人である苫米地英人さんはセミナー講師もやられているので、どこかで高額なバックエンドを販売することと思われます。広告費などを考えるとどこかで回収する必要があるからです。

 

特商法の表記を無しにすることにより、このようなバックエンドの返金をできないようにしているのでしょうか。とてもまともなプロジェクトが行われるようには思えません。

仮想通貨の新ルールの実態

まだビジネスモデルが分かりません。暗号通貨の正しい知識を見つけて、最終的には資産構築を目指すものだという事ですが、全くどのようなものか想像すらできません。

しかし先述するように、高額バックエンドのか可能性はかなり高いです。

 

また対談者の長倉顕太さんは過去に別の怪しいプロジェクトに参加していた時期があります。その時の販売会社が合同会社ファクトリーとなっていて、今回のランディングページにも載っているのです。

特商法の表記は無いのですが、仮想通貨の新ルールも恐らくこの合同会社ファクトリーが販売元となっているのでしょう。

 

特定商取引法に基づく表記の有無

登記情報画像

 

建物画像

 

有りません。しかし合同会社ファクトリーが販売元と思われる為、そちらの情報を掲載します。

 

建物を調べましたが、どうやらバーチャル・オフィスのようです。

 

登記情報も確認できましたが、こちらに関しては過去にも別のプロジェクトをやっていたこともあり、そこまで最近作ったばかりではないですね。

 

特定商取引法に基づく表記について知りたい方は下記リンクに詳しく記載してますので、お時間の有る方はお読みください。

特定商取引法って何?特商法が対象になるビジネスやその歴史
2019-01-25 17:52
情報商材もそうですがインターネットの販売ページには必ず「特定商取引法に基づく表記」というページが用意されています。これは法律によって義務付けられています。 特定商取引に関する法律(...

運営会社の実態は?

恐らく運営会社と思われる合同会社ファクトリーは、渋谷にあるオフィスのようです。しかしレンタルオフィスなので、本当にここに社員がいるかは分かりません。

苫米地英人(とまべちひでと)はどんな人物?

苫米地英人画像

 

苫米地さんは仮想通貨のコンサルティングをされている方です。2018年の仮想通貨バブル崩壊を的中させたみたいです。

 

よくメディア出演をしており、YouTubeチャンネルも解説していて、活動的な方と見受けられます。登録者数も多いですね。

 

しかし、今回のような詐欺の疑いのある動きをするようなら困ったものですね。まだビジネスモデルがハッキリしないので判断しかねますが。

 

長倉顕太画像

 

対談者として登場する長倉顕太さんも有名な方のようです。

バックエンドの有無

バックエンドは恐らく有るでしょう。そうでないと、仮想通貨の新ルールの為に使われた広告費などが払えません。

無料オファーにありがちなのですが、結局有料セミナー、高額バックエンドがどこかで提案されるまでがセットです。

バックエンドについて知りたい方は、下記リンクに詳しく記載していますので、お時間の有る方はお読みくださいませ。

バックエンドって何?本来はただのビジネス用語なのですが…
2019-01-25 17:56
情報商材でよく見られるバックエンドですが、どういう意味なのでしょうか。プログラムや技術関係でもバックエンドという言葉を使いますが、ソレとはまた違う意味を持ちます。 マーケティングに...
はるかのLINE友達登録の画像

まとめ

苫米地英人さんの手がける仮想通貨の新ルールについて調査をしました。暗号通貨の正しい知識を身につけ、それを用いて資産を形成するまでの教育プログラムのようなものでした。しかし今のところはビジネスモデルがハッキリしません。

 

そして特商法の表記を掲載していないことを考えると、詐欺の可能性を警戒しておいた方が良いと感じました。

稼げる副業が見つからない方へ

調べていると本当に詐欺のような案件が多い事がわかりました。

しかしながら、本当に普通に出来るネットビジネスや副業だって存在しています。

稼げるものか、稼げないものか、やってみないとわからないものです。

少しでも遠回りを避ける為に、私を頼ってください。

それによって詐欺のような被害に合う人が、少しでも減ったらと考えています。

とにかく、何かしらの不安を抱えていたり、心配だから調べて欲しいという案件があればお気軽にご連絡ください。

はるかのLINE友達登録の画像

あれから色々な商材を研究して、今は月収150万円を超えるほどになりました(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

ここまで来るまでにかなり苦労もしましたが、今は親孝行もできて自由な生活を楽しんでいます!

今後は私がしてきた苦労をしないように稼げるような情報を発信出来たらと考えています。

私も始めている、1番収益性の高い簡単な副業をご紹介します。

こちらはFXで使う自動売買のツールなのですけれど、30万円投資してから1ヶ月で10万円ほどの利益が出ました。

初期費用や追加料金は一切かかりません。お仕事の最中でも、就寝中でも自動で稼働してくれるツールなので、非常に助かっています。

最短30分程度で稼働させられますので、すごく簡単です。

はるかのLINE友達登録の画像

また、最近のお悩み相談で、借金に関する問い合わせも目立ちます。

場合によっては借金を減額する事ができます。心当たりのある方は下記の無料シミュレーターから、借金の減額が出来るかどうかお試しください。

無料なので、安心して減額可能かどうかを知れます。

借金減額シミュレーターのバナー画像

一人きりでは悩まずに助け合っていける形を作れたら素晴らしい事かと思います。

下記のリンクからせつ子のLINEのQRコードが読み取れますので、そちらから登録をお願い致します。

どんな事でも、お気軽にご相談くださいませ。

はるかのLINE友達登録の画像
関連キーワード
仮想通貨の関連記事
  • 伊藤雅樹さんの無料オファーEDGE JAPAN GOLD LICENCE(エッジジャパンゴールドライセンス)CUTTING EDGEシステムは詐欺?
  • 上田貴大さんのトータルビジネスアカデミーという無料オファーは詐欺?稼げる副業なのかレビュー!
  • Crypro(クリプロ)|三上俊哉の仮想通貨ツールは典型的な詐欺案件?
  • 河相たけし|Reversal Life Club(リバーサルライフクラブ)は詐欺オファー?
  • 尾張勝美(おわりかつみ)のアースプロジェクトは信用を錯覚させる詐欺案件
  • 西郷晴輝のBTC総額1億円分配キャンペーンが詐欺なのか調査してみた
おすすめの記事